定年旅行に行くための相談は必要です。

定年旅行
定年旅行の相談
この記事は約6分で読めます。

定年旅行の相談

 

ご両親の退職を機に、旅行をプレゼントするという方もたくさんいらっしゃるようですね。
子どもたちからの定年旅行のプレゼントです。

 

 

しかし、自分が行くわけじゃないので、どんなところが良いかわからずに、ネットを利用して相談している方が多いようです。

 

 

同世代だったら、いろいろと参考になるようなアドバイスを期待してもいいと思います。
ただ、夫婦での旅行は、その方々がどのようなご夫婦なのかによっても、大きく違ってきます。

 

 

仲の良い両親でしたら、心から喜んでくれるのでしょうが、そんなに仲が良いとは言えない場合、喜んでもらえない可能性もあるかもしれません。

 

 

しかし、そうはいっても子どもたちからを貰ったら、もちろん悪い気はしないでしょう。
熟年夫婦で、離婚をきりだすのは、ほぼ女性のほうです。

 

 

旅行に行きたくないというのも、女性のほうでしょう。

 

 

旦那さんが定年旅行を提案しようとしても、奥さんから拒否されるのが怖くて、提案できないというご夫婦もいます。

 

 

でも、さすがに子どもたちからのプレゼントだとすれば、断ることもないでしょう。
のんびり旅行をすれば、おたがいを見つめ直す良いきっかけになるかもしれません。

 

 

沖縄の美しい海を見れば、日常のイライラする気持ちなどもどこかに行ってしまうことでしょう。
沖縄のようなゆったりした場所で、日常生活から離れることで、違う自分を見つけ出すことができるかもしれません。

 

 

あなたは、誰かに何かを相談するとき、どのようなことを期待しますか?
あなたの両親にいつまでも仲良く暮らしてほしいなら、少し豪華な旅行をプレゼントしてみてください。

 

 

2、3日よりはちょっと長めの4、5日くらいの旅行が良いのではないでしょうか。

 

 

定年旅行と健康

 

 

定年で旅行を考えているのでしたら、さしあたって健康であることが肝心です。
もちろん、病気をしていたとしても、問題ない範囲で定年旅行を考えてもいいでしょう。

 

 

ただ、ご夫婦で記念の定年旅行をお考えなら、定年を迎える前から健康に十分留意するようにしたいものです。

 

 

これまでに大きな病気をしたことがあっても、日常生活に支障のないものであれば、いろんな所へ旅行に出かけられるでしょう。

 

 

気をつけなければならないのは、旅行先での体調不良です。
こんなことになっては、せっかくの旅行が楽しむことができなくなってしまいます。

 

 

若い時なら多少無理をしても大丈夫かもしれませんが、定年ともなると、年齢的にもあまり無理ができなくなっているはずです。

 

 

定年旅行は、1年くらい前からプランを立てることができますので、しっかりと体調管理をし、なるべく体力をつけておいた方が良いでしょう。

 

 

自身の健康だけではなく、お互いの健康にも気づかうことが大事なのです。
どちらかが病気で、旅行に行くことのできないのは、寂しいものです。

 

 

人気の沖縄旅行に行きたくても、飛行機に乗れなくなってしまうような病気もあります。
とはいいましても、今の団塊世代はとても元気な方が多いので、沖縄にもよく出かけていらっしゃいます。

 

 

自分たちのお金で旅行をしたり、子どもたちからのプレゼントされる旅行もあることでしょう。

 

 

どちらにしても、とりあえず健康であれば、定年の時だけではなく、いつでも好きな時にあちこち出かけられます。

 

 

長生きをすればきっといいことがあることでしょう。
健康に不安があるなら、病院でこまめに診察してもらいましょう。

 

 

大病じゃなければ、ちょっとした治療で済むはずです。

 

 

定年旅行と人生

 

定年後の人生設計をどのように考えるかは、非常に大きな問題です。
夫婦仲が良くても悪くても、事前の準備というのが欠かせません。

 

 

旦那さんが、定年旅行は沖縄に行こうと思っていたら、突然、奥さんから離婚を宣言されたという、ドラマのような話も、まんざらありえないことじゃありません。

 

 

定年旅行を考えることが、人生を考えることにもなるのです。
なので、定年旅行の計画は、できるだけできるだけ早く行いましょう。

 

 

夫婦で定年旅行の計画を考えることによって、お互いの気持ちを再確認することもできます。
仕事で忙しいからといって、定年旅行の計画をおろそかにしてはいけません。

 

 

そういうあなたの対応が、あとで、そのままツケとなってしまうからです。
ただ、定年旅行は、一時的なことですので、そのあとの生活プランを考えるというのも重要になります。

 

 

思い切って住んでいる場所を変える定年移住も、広まっています。
団塊の世代が定年を迎えることで、さまざまな業界が、かれらをターゲットとした商品を、企画しています。

 

 

例えば、不動産業界は、定年移住を積極的に促進しています。
沖縄では、定年移住が増えすぎたことによって、もうすでに社会問題となっているのです。

 

自分たちさえ良ければ、それでいいというわがままな考えは、慎まなければいけません。

 

人生を長く生きてきたのだから、これから先は何をしてもいいというわけではなく、後輩たちのよきお手本にならないといけないのです。

 

 

もちろん、自分の趣味や夫婦の楽しみは、思い切りトライしてみましょう。
それが、人生を楽しむということなのです。

 

 

世の中には、大きな思い違いをしているかたもいます。
周りに迷惑をかけてはいけません。

 

 

定年で時間が止まるということではなく、新たなスタートになるわけです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました