アメリカに行くには、ESTAの申請が必要?

海外旅行
アメリカに行くには、ESTAの申請が必要?
この記事は約4分で読めます。

アメリカでは『ESTA』という電子渡航認証システムの申請を義務付け

アメリカに海外旅行へ行く人は、『ESTA』の申請をしないといけません。
海外旅行へ行く前に、日数に余裕をもって準備するようにしましょう。

 

アメリカの入国制度は、2009年から次のようになりました。

観光目的や出張などで、90日以内の短期滞在をする人、つまり、ビザを取得せずにアメリカに行く人については、『ESTA』と呼ばれている電子渡航認証システムにて、事前申請を行うよう指示したのです。

これは、ネットで事前申請をするもので、渡航前にやっておく必要があります。
海外旅行でも、長期間滞在する場合には、準備しないといけません。

 

アメリカでは、テロを防止する目的で、ビザを免除している国に対して、ESTAの導入を決定しました。
ビザが免除されている方の情報などを、先にインターネットで収集し、アメリカへの訪問条件をきちんと満たした人なのかを、行く前に確認するのなのです。

 

アメリカへ旅行に行くわけではなく、ただ乗り継ぎでアメリカの空港に降りた場合でも、と同じくESTAの事前申請が必要となります。
ESTA認証を受けてから行かないと、入国することを拒否されてしまいますので、ご注意ください。

 

ESTAの手続きは、ウェブ上のESTAにアクセスして、基本的には自分でおこないます。
ESTA申請の際、約14ドルかかります。

 

ネット上で、クレジットカードで支払います。
名前、性別、そして生年月日や飛行機の便、パスポート番号などの入力をします。

 

入力は、ローマ字となります。
いくつか質問もあるので、「はい」または「いいえ」で回答します。

 

申請を行うと、72時間以内に回答がでるので、確認を忘れないようにしましょう。
『認証』されればそれでOKですが、万が一、『拒否』された場合は、『ビザ』の申請をしなければいけません。

 

クレジットカード

海外旅行に行くとき、『クレジットカード』は絶対もって行くべきものです。
持っていないという方は、海外旅行へ行く前に、取得しておきましょう。

 

クレジットカードを取得するには、審査などがあるので、早めの準備が必要です。
クレジットカードを持っていくと、多くの現金を持ち歩かずに済みます。

 

また、クレジットカードには保険などのサービスがついているので、安心して海外旅行へ行くことができます。
海外旅行に行くときは、旅行保険をかけている方もいらっしゃることでしょう。

 

クレジットカードによっては、年会費無料のカードであっても、海外旅行保険がついていることもあります。
つまり、費用なしで保険に入れるということです。

 

もしも、現地で荷物がとられり、失くしたりした場合でも、役立ちます。
お守り代わりに、準備することをおすすめいたします。

 

少し前までは、海外で使うことができるクレジットカードは限られていましたが、ここ最近では、メジャーな海外旅行先では、ほとんどのクレジットカードが使えるようになりました。
現金を盗まれてしまったらそれでおわりですが、クレジットカードの場合は、盗難保険がついていれば、大丈夫なので、現金よりは安全でしょう。

 

例えば、傷害保険が最高2000万円ついていたり、カード購入した商品が盗まれた場合に補償してくれたりします。
年会費があるようなカードは、さらにサービスが充実していて、傷害保険が最高で5000万円とか、1億円とかというカードもあるのです。

 

さらに、空港のラウンジを無料で使えるサービスなどもついているため、会費を払っても、飲み物やお菓子をいただけるので、十分もとがとれているのではないでしょうか。
旅行会社のクレジットカードになると、マイレージも貯まるので、さらにお得になります。

 

いろんなクレジットカードがありますので、サービス内容と年会費を考慮し、どのようなカードが良いのかを検討してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました